スキー場で紫外線対策は必要?雪焼けムラがある顔にならないための方法

 

スキー場では夏とは違い紫外線がないと思っていませんか?

スキー場は雪焼けします。

冬のシーズンは空気が澄んでいるので紫外線がよく通りますので、むしろ本格的な日焼け止め対策が必要になります。実はスキー場では紫外線が強いのでより日焼けしやすい環境なのです。

日焼けは火傷です。スキー場から帰った後、夜に風邪をひいた感じの熱っぽさは顔の雪焼けが原因です。肌を黒く焼きたい場合は良いかもしれませんが、晴れた日のスキーは太陽からの紫外線と雪の照り返しの紫外線で強烈に日焼けしますので初めてのときは特に熱が出たように感じます。

焼きムラがすごい顔にはなりたくないものです。ヘルメットやゴーグル、フェイスマスクをすると日焼けする場所が限られているため、塗り忘れや塗りムラがあると変な日焼けになりかねません。スキー場では顔が日に当たるところは日焼け止めを塗って雪焼けを防止しましょう。ここでは日焼け止めをを紹介します。

 

目次

日焼け止めの効果的な塗り方

スキー場は太陽と雪の照り返しによる紫外線が強いです。

天気にかかわらず、スキー場に着いたら日焼け止めを塗りましょう。

 

少しずつ適量をつける

日焼け止めは、ほほ、おでこ、鼻、あご、顔に塗る場所に応じて少量でその都度とって塗りましょう。多く塗りすぎるとべたついて、いつまでもヌルヌルです。かといって、薄すぎても効果がありません。

中心から外に向かって薄く重ねていきましょう。塗りむらがあると薄い部分だけ日焼けしてしまいます。少量ずつ出して、塗りむらの出ないように均一に伸ばしましょう。

すりこまない

ぽんぽんと優しくたたくように塗る。両手でベトぉっと塗り込むのではなく、上から軽く押して浸透させるのが良いです。

2~3 時間おきに塗り直す

フリースキーをしていると激しい運動でよく汗をかきますので時間がたつと落ちてしまいます。ロッジやゴンドラで休憩の時に2~3時間おきに塗り直すと効果的です。

 

日焼け止めで肌荒れを起こす原因

乾燥した肌に塗る

肌が乾燥している場合は持っていたら化粧水をはじめにつけましょう。日焼け止めは肌を治癒してくれるものではありません。あくまで火傷しないようにするものなので、乾燥した肌に塗りこまないようにしましょう。

 

古い日焼け止めは使わないこと

古い日焼け止めは雑菌が繁殖している可能性があります。シーズン初めに新しいものにしましょう。

まだ余っていて捨てるのはもったいないからと去年の余ったものを使用して、肌が真っ赤に荒れてしまっては目も当てられません。多少の出費をケチって肌荒れを直すのにお金をかけるのは避けたいところです。

 

細かいところに神は宿ります

顔の表面に塗ってから少し気にしたいところが細かな部分です。

髪の生え際、耳・耳たぶ、アゴの下、首、手首など細かい部分ですが、そこだけ日焼けしていてはカッコ悪いです。忘れずに丁寧に塗っておきましょう。

 

日焼け止めのおすすめ

クリームタイプがなめらかに伸びるので扱いやすいです。サラサラで塗り終わった後ベトベトしないものが最良です。

休憩時間にパッと取り出してサッとつける短時間で済ませられてどんな肌タイプの人でも塗りやすいのでよいです。

 

スキー場での紫外線対策まとめ

スキー場の紫外線はとても強く、なにも対策をしないととても日焼けしやいです。

楽しくてついつい時間を忘れて顔を長時間紫外線にさらしてしまいがちになります。スキー場に行くときは、普段よりもしっかりと日焼け止めを塗って塗り直しも忘れずに。ダサい雪焼けを避けましょう。

 

クリームをつけるのが苦手な人にはバラクラバもおすすめです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる